• home >肝臓の疾患 転移性肝癌
お問い合わせはこちら>>
肝胆膵疾患について

肝臓の疾患について

転移性肝癌

転移性肝癌に関しては原発部位により治療法は変わりますが、結腸や直腸癌の肝転移に関しては腫瘍の個数に上限を定めず、肝機能を鑑みて切除可能であれば積極的に切除を行っております。手術に伴い大量肝切除となる場合や残存する肝臓の体積が十分でない場合には、手術前に切除側の門脈や肝動脈を塞栓し、残存肝を十分に確保することで手術の安全性向上に努めております。
術前・術後の化学療法も腫瘍内科や大腸外科グループと連携をとりながら積極的に行っております。

動画ステーション