• home >内視鏡・腹腔鏡手術について
お問い合わせはこちら>>
肝胆膵疾患について

内視鏡・腹腔鏡手術について

近年の医療技術進歩は著しいものがあります。消化器内視鏡(外科)領域においても同様で内視鏡を用いた治療が非常に普及し、適応疾患も広がってきています。内視鏡治療の特徴は、低侵襲(術後疼痛も軽減)で美容上もよく、入院期間の短縮や早期社会復帰が可能であることです。

肝胆膵脾領域においても、あらゆる臓器に対して内視鏡治療が行われています。腹腔鏡下胆嚢摘出術をはじめとして、肝切除、膵切除、脾切除ついても腹腔鏡下手術が可能であり、現在、手術適応疾患を徐々に広めている状態です。
1.腹腔鏡下胆嚢摘出術

適応疾患:胆石症、急性胆嚢炎、慢性胆嚢炎、胆嚢腫瘍 (胆嚢ポリープ)など

1990年に胆嚢結石症に対して本邦初の腹腔鏡下胆嚢摘出術が行われて以後、腹腔鏡下胆嚢摘出術は急速に広がり、現在では胆嚢結石症に対する標準術式として確立されました。この方法では、それ以前のように10数cmの創で開腹して治療するのではなく、約1cmの創を4個あけて、そこからカメラと専用鉗子を挿入して胆嚢を切除するため、術後の回復が早く、傷も小さいため患者さんにとって優しい術式と言えます。しかし、非常に炎症が高度な場合には腹腔鏡手術が困難なこともあり、従来の開腹手術に移行して安全に手術を行う場合もあります。

当科では高度な炎症を有した急性胆嚢炎や慢性炎症などの、従来は腹腔鏡手術が困難とされていた症例に対しても、積極的に腹腔鏡手術に取り組んできた結果、現在では大部分の症例において腹腔鏡手術が可能となりました。
2.SILS:Single Incision Laparoscopic Surgery

適応疾患:胆嚢結石症(軽度炎症)、胆嚢ポリープ

SILSは腹部の創を1個のみにした腹腔鏡下手術の総称で、上記の疾患に対してはSILSにて腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っております。 標準的な腹腔鏡下胆嚢摘出術は4ポート(5mm×2、10mm×2)で行われますが、SILSでは臍の15-20mmの1ポートにて治療を行う、さらに低侵襲で美容上も優れた治療法です。

3.内視鏡的逆行性胆管膵管造影を用いた治療
(ERCP/ENDB/ERBD/EML/ENGBD)

適応疾患:胆管結石、胆管炎

胆管結石や胆管炎に対しては、以前は開腹手術や経皮経肝的治療が行われていましたが、現在は大部分が内視鏡的に治療が可能です。

4.腹腔鏡下肝切除術

適応疾患:肝細胞癌、転移性肝癌など

肝切除は非常に大きな創による開腹手術が必要な術式でありますが、肝腫瘍が肝外側領域、肝下区領域、比較的表面に近い場合には腹腔鏡下肝切除が可能です。腹腔鏡下肝切除を行う場合には、術前に十分な適応判断を行った上で、可能と判断した症例に対して行っています。腹腔鏡下肝切除術は2010年に保険適応となりました。

5.腹腔鏡下膵切除術

適応疾患:膵体尾部の膵嚢胞性疾患、膵内分泌腫瘍(膵癌以外の疾患)

現在、膵体尾部の膵嚢胞性疾患を含む良性疾患、低悪性度疾患に対し腹腔鏡下膵体尾部切除術を積極的に導入しております。腹腔鏡下膵切除術は現在のところ保険適応とはなっておりませんが、将来的には肝切除同様に保険適応となることが予測されます。

6.腹腔鏡脾摘出術

適応疾患:遺伝性球状赤血球症、特発性血小板減少性紫斑病、脾腫、脾良性腫瘍など

脾臓摘出術は非常に大きな創を必要とする術式でありますが、腹腔鏡下手術により創を非常に小さくすることが可能です。当科では脾臓摘出を行う際には腹腔鏡下手術が第一選択術式となっております。

動画ステーション