• home >胆道の疾患 胆道について
お問い合わせはこちら>>
肝胆膵疾患について

胆道の疾患について

胆道について

1.解剖

胆道とは、肝臓で作られた胆汁(黄金色の透明な消化液)が十二指腸に流れるまでの道で、胆管と胆嚢からなります(図1)。胆管は胆汁が通る管で、肝臓内の無数の細い胆管が川の流れのように集まって、肝臓の外に出る時は左右の2本になり、すぐに1本となって十二指腸につながっています。胆道の疾患 図1胆嚢は肝臓にぶら下がっていて胆汁を一時的に貯めておく袋です。肝外胆管は肝臓と十二指腸の間の肝十二指腸間膜という構造物の中を走行しますが、肝十二指腸間膜には、肝臓に血流を供給する肝動脈、門脈(消化管からの血流を肝臓に運ぶ静脈)や、リンパ節などが存在します。胆道癌には、肝内胆管癌、肝外胆管癌(肝門部胆管癌、中下部胆管癌)、胆嚢癌、十二指腸乳頭部癌があります。

 

2.閉塞性黄疸

胆管に何かの原因で狭窄(狭くなること)や閉塞が生じると、胆汁が十二指腸に流れなくなり胆管の中に溜まってしまいます。そのため上流側(肝臓側)の胆管内圧が高くなり、胆汁の成分(ビリルビン:赤血球中のヘモグロビンが壊れてできたもの)が血液の中に再吸収(逆流)して、皮膚や目が黄色くなってきます。この状態を「閉塞性黄疸」といいます。閉塞性黄疸は胆道癌の際に認めることが多い症状の一つです。

3.胆管ドレナージ

胆道の疾患 図2,3,4

胆管閉塞が存在し、閉塞性黄疸の状態が続くと肝機能が悪化し肝不全に陥ります。

また、胆汁に細菌などが感染し胆管炎を発症すると重篤となることがあります。

 

いずれの場合にも胆汁を体外または十二指腸へ誘導する胆管ドレナージが有効です。胆管ドレナージには内視鏡的胆管ドレナージと経皮経肝胆管ドレナージ(PTCDまたはPTBD)(図2)の2通りの方法があります。

内視鏡的胆管ドレナージにはチューブを鼻から体外に誘導する内視鏡的経鼻胆管ドレナージ(ENBD)(図3)と短いプラスチックのチューブを胆管と十二指腸の間に留置する胆管チューブステント留置(図4)があります。


患者さんの状態、閉塞の原因、閉塞部位などを考慮していずれかの方法が選択されます。また、切除を行わない場合などには、細い金属ワイヤーを筒状に編んで作成したメッシュ構造の胆管金属ステントを留置することもあります。

 

*図表はすべて、MEDICAL VIEW社刊「インフォームドコンセントTool 消化器外科イラストLIBRARY」から引用改変しました。
動画ステーション